music

今週のリコメンド♪ 

どうも〜、ご機嫌麗しくて?
ブローニャ女王のお出ましよ? 
今週もこのコーナーがやって来て、
みなさんホッとしちゃったんじゃないかしら?

Img_2017


今回は趣向を変えて、あの女がオオウケした邦楽を
紹介すわね?

はなわさんって方が歌ってらっしゃる、SAGAKENと言う
曲なんだけど、かなり佐賀をバカにしてらっしゃるので
佐賀出身の方はスルーしちゃった方が良いかもよ?
じゃ、聞いてみて?

どうだった? かなり面白いわよね?
あの女は佐賀県の隣の長崎出身だけど、登校する時に
蛍光テープ付きのヘルメットはかぶらなかったそうよ?
佐賀では本当にかぶるのかしら? 
それともただの冗談?

牛丼屋の名前が「吉田屋」には皆さんもウケたでしょう?
写真があるって事はホントってことよね?

「佐賀ではマジでヤンキーがモテる」って、マジ?

「佐賀のアリはでかい」って、それって佐賀だけなの?
なんとなくこじつけっぽいわよね?

「出かける時に鍵をかける習慣がない」のは、あの女の
実家もそうらしいわ?

「家族旅行から帰って隣のおばちゃんが下着姿で寝てた」
ってことは、ずっと留守番してたのかしら? 感心よね?

牧瀬里穂も佐賀の人だったの? 意外だわ?
松雪泰子は知ってたけど。。

「佐賀」と悲しい「性」を掛けたのはウマかったわよね?

わたくし的に一番ウケたのは、
「クラスの半分以上が同じ床屋で、
     残りの半分はお母さん〜♪」
ってところよ? 
あの女も子供のころは母親に切ってもらってたらしいわ? 
なぜかいつも斜めに切られてたらしいけど。

でも、わたくし聞いたことがあるんだけど、
佐賀出身の人って、社長になる確率が都道府県で
一番高いんですってよ?
これから玉の輿を狙う人は、佐賀県出身者をターゲットに
するのはいかがかしら?

お勧めしといて、こんなことを言うのもなんだけど、
この曲、1,2回聞くのは面白いんだけど、
それ以上は、だんだんうざくなるのよ?
まるで「この曲」=「出川」みたいな?

ま、この手の曲は、あんまり深く考えないで、さらっと
聞き流して、笑えばいいんじゃないかしらね?

じゃ、わたくしは、これからネールサロンの予約があるから
これで、失礼するわね?
ブローニャ女王でした。


          ☆今日のオマケ☆


 スターウォーズ ファスナーマスコット by PEPSI


Img_2074

にょーさんからの息子へのです。
あとうはこれを学校のロッカーの鍵のキーフォルダーに
付けてます。にょーさん、ありがとうございました。

    ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆


Img_2056

チワワのサラちゃん、8ヶ月だそうです。
ウチのご近所さんでした。


Banner_02
押していただけると、
サラちゃんがあなたのバッグに、IN!!!

|

今週のリコメンド♪

どうも〜、世界中の3億5千万人のわたくしのファンの
皆様、ご機嫌麗しくて? ブローニャ女王のお出ましよ?
今週もこのコーナーがやって参りましたわ。
オリンピックも終わったことだし、のんびりしてって
ちょうだい。


Img_1232

わたくし、ゴムヒモが大好きなんですけど、
この切れそうで切れないゴムヒモを見ると、
イライラしちゃって、どうしても噛みちぎりたくなる
衝動に駆られてしまうの。
おかげで、猫じゃらしとしての役目を果たせないまま
ただのゴミになっちゃってるんだけど、そんなの、
女王であるわたくしの知った事じゃありませんことよ?

さて今回紹介するのはElbowのGrounds For Divorce
このバンド、1990年にイギリスのBury(ベリー?)
と言う町で結成されたらしいのよ。で、メンバーが
5人いるんだけど、珍しいことに、イケメンゼロよ?
イギリス人が5人もいるんだから、一人くらいイケメンが
いても良かったんじゃないかしらね?

でも、歌は最高にかっこいいわ! 
残念だけど、今回は「空耳アワー」はなしよ?

じゃ、聞いてみてよ。

Mondays is for drinking to the seldom seen kid

I've been working on a cocktail called
"Grounds For Divorce"
Whoah
Polishing a compass that I hold in my sleeve
Whoah
Down comes him on sticks but then he kicks like
a horse Whoah
There's a Chinese cigarette case
and the rest you can keep
and the rest you can keep
and the rest you can keep

There's a hole in my neighborhood
down which of late I cannot help but fall
There's a hole in my neighborhood
down which of late I cannot help but fall

Mondays is for drinking to the seldom
*seen kid*

There's this whispering of jokers doing
"Flesh by the Pound"
To a chorus of supporters from
the little town halls
There'll be twisted karaoke
at the Aniseed Lounge
And I'll bring you further roses
but it does you no good
and it does me no good
and it does you no good

There's a hole in my neighborhood
down which of late I cannot help but fall
There's a hole in my neighborhood
down which of late I cannot help but fall
There's a hole in my neighborhood
down which of late I cannot help but fall
There's a hole in my neighborhood
down which of late I cannot help but fall

Someday we'll be drinking with the seldom seen kid

歌詞全体、不思議な雰囲気が漂ってるのよ?
まるでデヴィッド・リンチの映画みたい。

で、このさびの部分がねすごいの。
「近所に、落ちずにはいられない穴がある」って
何度もリフレインしてるのよ?
どんな穴か、興味深いわよね? 
あの女が落ちたら「奈落の底」、わたくしが落ちたら
「眠れる森の美女が眠るベッド」にたどり着くって
感じかしら?

誰っ? わたくしが「眠れる森の美女」より
シンデレラに出てくる意地悪女王って言った人?


Img_1291
じゃ、素敵な一週間を過ごしてちょうだい。
 ブローニャ女王でした。

         ☆今日のオマケ☆


Img_1770
マリンさんから頂いた、オリジナルネームシール。
もうすぐ新学期が始まるので、ノートや教科書に
貼って使えそうですね。って、日本語だ〜。
マリンさん、キティラーのアリーチェのために素敵な
ありがとうございました。


   ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆


Img_1692
ウチの裏庭・・じゃなくて、シェーンブルンの庭園を
囲む散歩道です。
シェーンブルンにいらした際は、是非、お庭のほうも
散策してみて下さいね。

Banner_02
押していただけると、
私が「奈落の底」に落ちずにすみます!

| | コメント (8)

今週のリコメンド♪

どうも〜、ご機嫌麗しくて? ブローニャ女王のお出ましよ?
日本の皆さまは、素敵なお盆休みを過ごされたかしら?

Img_1234

週の始まりだから、皆さまのために、元気が出そうな
わたくしのナイスショットを用意しましたことよ?


じゃ、さっそく今週のリコメンド、行くわ?

今日はパリ出身で、現在はバルセロナを拠点として世界中で
活躍しているMANU CHAO(マヌチャオ)のPolitik Kills
紹介させていただくことにしたのよ。

彼らはオリジナルが南米だけあって、この曲も南米独特の
サウンドを醸し出しているわね?
ただ、英語で歌ってるのにタイトルのPlitik(政治)は
どうしてドイツ語なのかしら? それともフランス語?

で、歌詞の中の英語もちょっと文法的になとこころが
あるの。ま、言いたいことはこのビデオを見れば
分かるはずよ。

政治批判を簡単な英語で訴えてるのよ。
こんな真面目な曲を紹介しておいて、不謹慎な事を
言うのもなんだけど、politik kills~ って言う歌詞が、
何度聞いても、「万事休す」にしか聞こえないの。
みなさんはどうかしら?

じゃ、歌詞と一緒に聴いてみそ(語尾が古かったわね?)


politik kills politik kills politik kills
politik kills politik kills politik kills
politik kills politik kills politik kills
politik needs votes
politik needs your mind
politik needs human beings
politik needs lies

thats what my friend is an evidence politik is violence
what my friend is a evidence politik is violence

politik kills politik kills politik kills
politik kills politik kills politik kills

politik use drugs
politik use bombs
politik need torpedoes
politik needs blood
thats what my friend is an evidence politik is violence
what my friend is a evidence politik is violence

politik needs force poltik need cries
politik needs ignorance politik need lies

politik kills politik kills politik kills
politik kills politik kills politik kills
politik kills politik kills politik kills

politik kills politik kills
politik kills politik kills

politik need force poltik need cries
politik need ignorance politik need lies

politik need force poltik need cries
politik need ignorance politik need lies

politik kills politik kills
politik kills politik kills.


   いかがだったかしら? 
「万事休す」に聞こえなかった?
たまには、真面目な内容の曲を聴くのもいいわよね?

最後に、わたくしのグチをちょっと聞いてくれない?

「お盆休みの間は、アクセス数が減った」って
あの女がこぼしてたから、

「それって、お盆休みは関係なくって、このブログが
 落ち目になってきたって事じゃないの?」

って正直な感想を言ってあげたら、結構落ち込んでたわ?
でもあの女、「眼光紙背」も知らなかったような人間よ?
だから、あの女のためだと思ってはっきり言って
あげたんだけど、わたくしの親切心、
         あの女に届いたかしら?

鈍い飼い主と一緒に住む、猫の身にもなって欲しいわよ。
Img_1311
次回まで、ご機嫌ようブローニャ女王でした


        ☆今日のオマケ☆


Img_0949

マリンさんから頂いた、キティちゃんとダニエル
(だっけ?)ですが、これの正式名称は何と
言うのでしょうか? こちらも東京限定でしたよね?
マリンさん、素敵なありがとうございました。
今週はマリンさんのお友達の、クッキーさんがウィーンに
いらっしゃいます。
クッキーさん、お会いできるのを楽しみにしてます。!(^^)!


   ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆

       ネズミのブリンキー君

Img_1486
日本のみなさん、素敵な一週間を過ごして欲しいで
ちゅ〜 ( ´ー`)y-~~

やっぱり「万事休す」にしか聞こえなかったあなたも!
Banner_02

| | コメント (7)

今週のリコメンド♪

そうよ、このコーナーがいきなり復活したわ?
以前、あの女がやった時には、殆ど相手にして
もらえなかったみたいだけど、それはあの女のやり方が
悪かっただけなのよ。

今週から私が、ヨーロッパを中心に活躍している
アーティストを紹介してあげるから、
楽しみにしてちょうだい。


私の名前を知らない人は、いないと思うけど、
一応、初めていらっしゃった方のために紹介するわ?
わたくし、ブローニャ女王よ?

Img_0991_2
わたくしの美しい毛並みに見とれるのも分かるけど、
行くわよ?


今回紹介するのは、スコットランド出身のアーティスト
Sons and DaughtersのThis Giftよ。ちょっと古い曲で
申し訳ないんだけど、今日は、なんとなくこの曲って
感じがしたの、許してちょうだい。

歌詞も用意してあげたわよ?
日本語の歌詞を欲しい人がいるワケ? 
そんな面倒くさい事を言う人は、
翻訳機にでも掛けたらいいのよ。

ま、とりあえず、聞いてみるがいいわ。

     "This Gift"


Ah-ooh ooh-ooh...
Wah-ooh ah-ooh...

Don't know the meaning of devotional
Pictured me hanging threadbare on the blacked out wall
Purposeful, in your weekly disguise
Surrendering to arms, fixing up those seeded eyes
Dress it up, down the alcohol
Feeling so much better

Cross me, collecting
This scene is all wrong
Curtailing ourselves, nothing lasts so very long
A carbon copy that typed out wrong
Ghost in a black coat sliding slowly along
Dressed up, down the alcohol
Feeling so much better

This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall
This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall

Don't know the meaning of devotional
Pictured me there threadbare on the bathroom floor
Purposeful, your secret disguise
Surrender to his arms, fixing up those seeded eyes
So you sing happy birthday to death
A hater's wealth and a lover's rest

This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall
This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall

Ah-ooh ooh-ooh...
Wah-ooh ah-ooh...

Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall
This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall
This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall
This gift
Open wide, crawling walls
He's got this gift, ten stories tall

Ah-ooh ooh-ooh...
Wah-ooh ah-ooh...

いかがだったかしら?
なかなかエッジが効いてて、ノリのいい曲でしょ? 
「アウ〜アウ〜」は覚えられたはずよ。
モロに80年代ニューウェーブを意識したメロディに
思わず、あの頃の思い出が、フラッシュバックしちゃった
人もいるんじゃないかしら?
誰よ? 80年代にはまだ生まれてなかったなんて、
地雷踏んじゃった人は。

じゃ、今日のリコメンドが楽しめなかった人がいたら
私の写真で、機嫌を直して帰ってちょうだい。


Img_1206
元気が出る一枚に撮ってくれたわ。
もっと元気が欲しい人は、写真をクリックすると
拡大サイズで、見られるのよ?
  そんなに元気になって、何するワケ?

          ☆今日のオマケ☆


Img_0744

プーパさん、ご本人から依頼があって、グラサンなしの
写真を公開するわ? 笑顔付きだし全然、前の写真より
イメージが良いじゃないのかしら?
最初から、この写真で攻めれば良かったのにね?
りんごさん、まりりんさん、今回はお手柔らかに
コメント、頼んじゃうわよ?
って、りんごさん、南極からは戻られたかしら?


      ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆


Img_1103
あの女が、この写真の私の口元が、カバにしか見えないって
言うのよ? このコーナーを取られたはらいせ?
むかつくわ。あなたはそう思わないでしょ?


曲はともかく、ブローニャ・トークを
楽しんでいただけたら・・
Banner_02

| | コメント (7)

本日のリコメンド♪ + 思ひで篇

久方ぶりに、このコーナーがやって参りました。
今まで、色んなヨーロッパ諸国のアーティストを
紹介してきましたが、本日、ピックアップしたのは
オーストリア出身で、現在はベルリンを拠点として
活動している、アコギ君、
Bernhard Eder(ベルンハルト・エーダー)の
Cuteをみなさんに、聞いていただきたいと思います。

聞いていただくとすぐに分かると思いますが、
彼のサウンド、ショーン・レノンにクリソツ(死語?)
なんです。この曲は去年リリースされた、アルバム、
Livingroom Sessionsの中の一曲ですが、この曲に
限らず、アルバム全体の雰囲気は、メランコリックが
キーワードとなっております。

さて、ショーン・レノンと言えば、ウチの息子、
7年くらい前に、日テレの「知ってるつもり」
と言う番組で、ジョン・レノンの特集をやった時に、
幼少時代のショーン役で、テレビ出演したんですよ。
ちらっとしか、出なかったんですけど、良い思い出です。


ロケ地は、ジョン・レノンとオノヨーコが愛した場所、
軽井沢の、万平ホテル周辺でした。
Dsc00006
ジョン・レノン役の彼、すっごい似てるでしょ?

こちらは全然血のつながっていない、
   親子三人のショット。

Dsc00016
この頃の息子、全然落ち着きがなかったんです。

実は、このお仕事がきっかけで、ジョン役の彼と
お友達になり、何度かお互いの家で会いました。
彼は横田基地にお勤めで、日本人の奥さんと二人の
娘さんと基地内にお住まいでした。

これは彼のご自宅に招待された時の、
若かりしころの、そしてメタボってない、
ウチの主人と、本名マークとのツーショット。
Pict0275
 懐かしすぎる・・・・色んな意味で。。


今回は、洋楽に興味のない方も、少し楽しんで
頂きたく、思いで話を無理やりプラスしてみましたが、
いかがだったでしょうか。

では、次回のこのコーナーまで!


バイナラ〜

Banner_02
押していただけると、
あの頃の主人が、カムバーーック!

| | コメント (4)

枠が来たよ☆

昨日の日曜日は、ウィーンで音楽留学をされている
お二方と、某超有名ピアノメーカーにお勤めされて
いるお友達が、遊びに来てくれました。


こちらがゲストの皆様とアリーチェ。
Sany0023
久しぶりに会って、話が盛り上がりすぎて
私の素晴らしい手料理を写真に納めるチャンスを
逃しちゃったじゃ、ないですか〜。(-_^;)

今日はこの三人による、
 夢のアンサンブルを企画しました。
Sany0027
アリーチェ、ベトナム人に良く間違われると言う、
群馬出身の美幸ちゃんと、こちらも偶然群馬出身で
韓国人に間違われやすいらしい伊藤君です。


入念に、打ち合わせちう。。
Sany0030
度重なる、血のにじむような、美幸ちゃんの
レッスンの後、バッチリ、決まったのがこちらの
ビデオです。


「VCLP0046.MP4」をダウンロード
クリックすると、あの名曲が流れます。

こちらは、ウチの主人がこのビデオをどっかの
テレビ局に売り込もうと、企んでいます。


「VCLP0042.MP4」をダウンロード

演奏がうまくいって、ほっとしたお二方。


Sany0024
お疲れさまでした☆
伊藤君も伴奏ありがとうございました。m(_ _)m
普段は家具化している、ウチのビアノも
喜んでいる事でしょう。
ちなみに、美幸ちゃんのフルートは、ウチの車より
高いんですよ?

で、こちらは美幸ちゃんとお付き合いされている、
滋賀出身の磯貝純一さんです。誰かに似てね?

Sany0048
最近、このヘアスタイルにしてから、もともと、
関西弁をおしゃべりになるので、ダウンタウンの
片割れに、似てると良く言われるそうです。
ちなみに、磯貝さんは一度だけ、インドネシア人に
間違われたそうです。
ベトナム人に間違われる美幸ちゃんと、
インドネシア人に間違われた磯貝さんが結婚すると、
国際結婚になっちゃうね〜。(ならへん、ならへん)


今回のタイトルが意味不明ですよね?
実は、このお三方、気持ちいいくらいにビールを
お飲みになるんですよ?
何缶あけたか、記憶にないくらい。。
この飲みっぷりは、ザルじゃなくて枠だね〜、と
主人と感心したので、このタイトルにしてみました。


それにしても、昨日は暑かった! 
日陰でも30度越してたし、日なたはなんと、
40度越してたんです。Σ(・ω・ノ)ノ!。
ビールが進むはずだよね〜。
前にも書きましたけど、我が家にはクーラーがないので
今年初めて、扇風機に働いてもらいました。
ちなにみに、今回の枠のみなさんのご自宅も、
クーラーはないけど、ウィーンではクーラーは必要なし、
と言う結論が出ました。なぜかって?
クーラーのない部屋で飲むビールは最高にうまい!
からなんですよ〜。飲んべいは環境に優しいですね?

最後に、この方から一言あるそうです。

Sany0055
笛くらい、私だって、吹けるわよ?


Banner_02
押していただけると、
ウィーンが少し、涼しくなります!
マジ、あぢっ。ヾ(;´▽`A``

| | コメント (16)

本日の超リコメンド♪

今までこのコーナーでは、かなり肩身の狭い思いを
してきましたが、今日は自信を持って全ての方に
お勧めしたいと思います。特に、海外在住の方は
日本語に飢えてらっしゃると思いますので、この曲を
存分に、楽しんでいただきたい。。

この曲、実はウチの主人が発掘したものでして、
これを聞くと、多分一回じゃすまないと思います。
私も初めて聞いた時、何回も聞いちゃいましたから。

ですので、聞く前にポチって頂いて、後で、好きなだけ
聞いて下さいね。。
Banner_02

では、今日の一曲は種浦マサオの関西人 in Tokyoです。
御存知、スティングのEnglishman In New Yorkを
パロディってる訳ですが、これが何回聞いても笑えるんです。
声は心なしか、シカオちゃんに似てる感じがします。
歌詞付きですので、関西弁の聞き取りが苦手な方にも
対応してますよ?

私がいつも笑っちゃうのは、
「面白い人ねって、大阪の人はって
だから違うんだ、俺は奈良生まれだ〜〜っ!」と言う、
フレーズです。

satonagさん、この曲、やっぱ関西ではヘヴィロテ
されてます?

ではでは、長崎生まれですが関西弁が大好きな
   ゆきでした〜〜。


今日はコメント書けそうと
思ったあなたも!
Banner_02

| | コメント (9)

本日のリコメンド♪

今日ご紹介するのは、イギリス人でロスを拠点に
活動しているPop Levi(ポップ・リーヴァイ)です。
間違いなく、私が紹介するまでもなく米国はもちろん、
日本でも大ブレークしていることでしょう・・ね??
彼の代表作とも言える、Blue Honeyはみなさん、
どっかで聞いたことがあると思いますよ〜。
どこで〜?と、聞かれても困るんですけど。。。(・_・;)
まぁ、彼はジミヘンの大フアンだけあって、どの曲を
聴いてもレトロ感たっぷりで、サウンドはどれも
(残念ながら?)キャッチーです。(*_*;
ま、私は彼のサウンドより、中世のイギリスから
飛び出してきたような、個性的なヘアスタイルに魅かれました。
今にもシェイクスピアを語り出しそうじゃ、あ〜りませんか?

ではここで、ロスでのフランス人によるインタビュー
見つけましたので、ご覧下さい。
「ぼくは数学とジミー・ヘンドリックスが大好きなんだ。
このアルバム「Return To Form Black Magic Party」は
『間違いの芸術』を表現している。
ぼくは人間の間違いを見るのが好きなのさ。
音楽においてもアートにおいても。」

次に面白い事を言っています。

「ぼくは音楽的に全部をsterializeすることには
   関心がないんだ。そんなの退屈だよ。」
sterializeは通常、「消毒・殺菌する」と言う意味で
使われるんですけど、音楽を表現するのに、
使用するなんて面白い方ですよね。
そして、
「ぼくは魔法の瞬間を見つけるんだけど、
 それは間違いの連続を意味するんだ。
だからこのアルバムは全ての間違いを
    意味するって訳さ。」
と、このアルバムについて括っています。

そして曲作りに関して・・

「ぼくは数学的なパターンで言葉を組み立ててる。
 独創的な行いを、糸で繋ぐみたいにね。
 そうすることで、それ以上の事を
    信じられるようになるんだ。」
(意訳・飛ばしはご了承の程を)

もう一つ、Jimmy j Rodriguezとのインタビューを
見つけたんですけど、こちらはかなりおふざけの
内容となってます。
ブリティッシュと オージーアクセントが交差して
とっても楽しいインタビューが繰り広げられています。
お時間がある方は、ぜひ!

7月14日にはニューアルバム「Never Never Love」が
発売されます。
万人受け間違いなしのキャッチー、且つユニークな一枚に
 仕上がっている事でしょう。

次回のこのコーナーも
全然楽しみじゃない、あなたも!
Banner_02

| | コメント (10)

本日のリコメンド♪

すみません、、今日も独りよがりなコーナーが
やって参りました。どこからともなく、
「てめーは引っ込んでろっ、アリーチェを出さんかい」
と言う、ヤジが聞こえてきそうです。
アリーチェは学校から帰ったら、記事を書くそうですので、
そのつかの間の間、この記事でご容赦の程を。

今日ご紹介するのは、フランスの期待の歌姫、Sokoの
Take My Heart と I'll Kill Herです。
彼女の日本語での情報が全然見つからなかったので、
日本での知名度はゼロっぽいですね〜。
彼女はもともと女優で、映画のお仕事も沢山されてますが
彼女の歌手としての成功は、昨年デンマークでI'll kill herが
ビッグヒットしたことが、きっかけでした。
デンマークではトップチャートで一位を記録し、なぜか
オーストラリアでもラジオでヒットし、デンマーク以外の
ヨーロッパ圏ではベルギーやオランダでもラジオで
ヘヴィロテされたそうです。
ちなみに、私も彼女の歌を初めて聞いたのは、ラジオでした。
今のところ、彼女はメジャーデビューする気は全くない
との事ですが、デビューアルバムは今年の秋にリリース
される予定です。

まず、Take my heartは恋する乙女心を歌い上げています。
この曲を聴くと、砂漠のように干からびた私のハートに
でさえ、遠い昔のときめきを思い出させてくれるような、
そんなラブリ〜度200%の、女の子のためのラブソングに
仕上がっています。この曲を歌う彼女の声も高揚していて、
キラキラ輝く恋心をキュートなフレンチアクセントで
歌ってるのが、ワタシ的にたまりません。

で、こちらのI'll Kill Herは↑の恋が終わった後の歌に
聞こえて、しょうがないんです。
どうも、対になってる気がするんですよ。
この曲を歌う彼女の声は明らかに、↑とは
全然異質のもので、男をとられた恨み辛みに
溢れています。さびの
「あの女は私の将来を奪い、私の夢を壊した
だから誓う、あの女を殺す」
スゴイ歌詞ですよね? I'll kill herと歌う時、
フレンチアクセントで「あきら〜」に聞こえるんですよ。
(H無音化)
是非、2曲を聞き比べて下さいね。2曲とも歌詞付き
ですので、一緒に口ずさんでも楽しいですよ?
フランス版、Coccoと命名したい、フランスの歌姫、
Sokoでした〜。

今日からランキングのカテゴリーをヨーロッパに
移動しました。
これからも、ヨロシク♪
Banner_02

| | コメント (2)

本日のリコメンド♪

さ〜、今日もやって参りましたよ〜、
私の自己満足だけで、成り立ってるコーナーが!

今日ご紹介するのは、デンマークのバンド
Vincent Van Go Goの Do U know?です。
デンマークも素晴らしいミュージシャンを
多く輩出してますね〜。
初めてこの曲を聞いた時、「これだーーーっ」と、
叫んだくらい、無理やりなほどに運命を感じたんです。
彼らはインディーズで活躍してたんですけど、
しばらく活動してない時期があって、やっと今年の4月に
新アルバム「People」を出してくれました。
ご興味が有る方は、是非、iTunes Storeで試聴して下さいね。
ワタシ的に、10曲目の「Digging'」がツボです。

ここで、彼ら自身が自分たちの音楽性について語っている
ビデオを見つけましたので、ご覧下さい。
インタビュー

では、英語が苦手な方のために、かい摘んで
訳してみました。まず、リーダーの語り出しです。
「ぼくたちの音楽の方向性はグルーヴで、ステージでは
最高の音を出すから、それを感じて欲しい。
基本的には色んな路線のミックスで、
ファンク、レゲエにブラジルものとか、
とにかく現代音楽はみんな入ってるね。
ぼくたちはレジデントバンドから始めて、
クラブやステージで超夜遅くまでやってたよ。
クリエイティブな音楽を表現するためにね。
それが始まりだった。」

次に面白顔のボーカルが挙動不審な感じで語り出します。
リーダーに比べると、しゃべりは苦手なようです。
「ぼくたちの音楽はプロのリズムからの逃避なんだ。」

ここでリーダーが割り込み
「だからオーディエンスと、触れ合い(interact)たいんだ。
楽しみながらね。それをアートの形として真面目に
とららえてるよ」

ここでボーカル再登場
「一つはっきりさせたいのはさ、
ぼくたちはコメディバンドじゃないって事だよ。
特にこの国では、そう思われがちなんだけど、
そうじゃないんだよ。
ぼくたちはステージの上では自信があるんだぜ。
音楽にもユーモアにだって歌詞にもね、
  自信を持ってやってるんだ」

ここで、リーダー再登場
「ぼくたちは長い事、ライブで(インディーズで)供に
活動してきたから、ステージの上ではすごく寛いでる、
心地いいんだ。だからぼくたちにとって、
intimacy(親しさ)は重要なんだ。
最高のプレイをするためにもね。
それとオーディエンスとのintimacyも大事だね。
特にぼくらは、よく練習してきたからさ。」

ここで、ボーカルが
「そうだ!」と声を掛ける。

リーダーがまとめに入る
「ぼくたちはオーディエンスとも楽しんでるし、
一番重要なのは、そこでくつろげるって言うことなんだ。」

ま、意訳も飛ばしもありますけど、大体こんな感じです。

今ワタシ的に一番の期待の☆である彼らの良さを、
どうにかして、みなさんに分かって欲しかったんです。
ちょびっとは、伝わったでしょうか?
まぁ、私の音楽の趣味が「特殊」って言ってしまえば、
それまでなんですけどね。。

もちっと、ふつーの曲、ねーのかよ?
と、グチったあなたも!
Banner_02

| | コメント (3)