家族

帰国レポ 7/12

本文に入る前に、一つお知らせです。
ここ数日、スケちゃん経由でここに訪問されている方が
びっくらこくほど、たくさんいらっしゃるんですが
おそらくその方々は、私が撮ったスケちゃんの写真を
目当てに、いらしてるんだと思うんです。。
が、諸事情ですぐには載せられないので、ブログに
掲載次第、にょーさんのところにコメント欄でお知らせ
します。なんだか、アクセス数が上がる度に、無駄足を
踏ませることになっているようで、申し訳なくて、
このような措置をとることに、相成りました。
(って、ここでにょーさんにスルーされたらかなり
ショックですけど。。)
それにしても、改めて、スケちゃんの威力をひしひしと
実感しております。

ではでは、昨日の続きに行きますよ〜 (ゴ〜)

って、その前に、この豪邸の主とうちの主人(左)
との2ショットをご覧下さい。(引っ張ってる?)

Img_0010
うちの主人の手、何を物語ってるんでしょうか?
キッチンに立ってらっしゃる方が、お手伝いさん。

では、こちらがお友達、ベンジャミンの正面です。
Img_0091
私、足専用のマッサージ器に両足を突っ込んでいるんで
ちょっとお股が開いちゃって、めんごめんご。

それにしても、ベンはこの日の夕方に、香港から戻って
すぐに私たちのために、自ら、おご馳走を沢山こしらえて
くれたんですよ。
(買ったばかりのカメラはこの時、充電中で残念ながら
彼の手料理の写真は撮れませんでした。。)

で、ウェルカムドリンクに高級シャンペーンを振舞って
くれたんですけど、ベンはお手伝いさんにも
シャンペーンをグラスに注いでくれて、みんなで3年振りの
再会に乾杯しました。

彼とはもうかれこれ、7年近く家族ぐるみのお付き合い
させてもらってるんですけど、超セレブでありながら
全く気取らない、義理人情溢れる彼のパーソナリティが
私も主人も大好きなんです。

ベンが設計したビルは都内に沢山あるんですが、もうすぐ
彼がデザインする某スポーツブランドのビルが建つ予定です。
で、ひと足早く設計のモデル写真を見せてもらいました。
とっても未来的な感じで、一度みたら忘れられない
超モダンなビルが新宿にもうすぐ現れますので、
乞うご期待!

彼は世界中で建築家として仕事をする傍ら、benugoと言う
ロンドンにあるカフェを都内で数店舗出しているオーナー
でもあります。六本木ヒルズや恵比ガデに赴く際は、是非、
立ち寄ってみて下さいね。特にサンドイッチは絶品ですよ?

さてさて、みなさんお待ちかねのノリタケの息子ちゃんの
気になる答えに行きますよ〜。(ゴ〜)

アリちゃんマリちゃんが、ノリタケのサインを息子ちゃんに
頼んだその衝撃の返事とは・・

           
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・
           ・


    「だったら、チョコとかないの?」

と、言ったそうです!まさかの取引作戦に出るとは
彼もただ者じゃ、ないですね?

つか、超金持ちなんだから、チョコはウチにいっぱい
あるんじゃね?

で、アリちゃんマリちゃん、この返事にうんざりして
「サインはいらな〜い」と言ったそう。。

その子の写真も見せてもらったんですけどね、パパに
瓜二つで、昔ながらのハナ垂れ小僧と描写すれば
イメージがはっきり掴めるのではないでしょうか。

久しぶりの再会で、大人も子供たちも朝の3時くらいまで
起きて、おしゃべりしてたんですよ〜。

でも翌朝はベンも朝早くから会議が入っていて、私達も
長崎に飛行機で発つ日で、慌ただしくお別れしつつも、
再会を誓いました。

セレブもいろいろね〜
と、思っていただけたら・・
Banner_02

| | コメント (21)

帰国レポ 7/11

日本滞在中は茹だるような暑さでしたが、こちらは
日中は30度近くまで気温が上がるものの、
湿度が低いのでからっと爽やで、扇風機もいらないほど
過ごし安く快適です。(^_^)

さて、未だ私のiBookには落とせない写真ですが、
主人のMacBook Proに落とせた7/11&12分を
今日と明日でご紹介します。
(スケちゃん狙いでいらした方はここで
 おもっきし、スルーしちゃって下さい)

11日は朝から精力的に都内で買い物をしました。
あとうはお腹の調子が悪かったので、川崎の姉の家で
従兄弟とお留守番することに。。
この日は新宿(主にハンズ)で買い物した後、
銀座のビックカメラでお目当てのカメラを購入しました。

実はこの日、コメントを良く頂いているマリンさんと
連絡が取れ、銀座でお会いする事ができたんです。
マリンさんは四匹の猫ちゃんと一緒に住んでらっしゃるん
ですが、何と猫ちゃんを飼い始めてから1年後に
猫アレルギーが発症して、全身アレルギーによる湿疹が
できてらっしゃるんですよ。
ご本人は常に笑顔でしたが、見ている私には本当に痛々しく
写りました。。(x_x)ゞ

で、気になるブログとのギャップを確認するべく
ちょっと、聞いてみましたよ?

「アリーチェと私、ブログの印象と同じですか?」

「アリーチェちゃんはブログより全然可愛いし

 ゆきさんもブログの写真より

  ずっと若くてずっと綺麗ですよ〜」

(必要性を感じたので、太字にしてみました)

と、惚れ惚れするような、ナイスな感想を聞く事が
できました〜。r(^ω^*)))


で、マリンさんの印象ですが、私には絶対に着こなせない
超らぶり〜な出で立ち&デコラティブなネールも
素敵でしたよ?ご結婚されていてお仕事もお忙しいそうです。

マリンさんもアリーチェ同様、キティラーと言う事で、
銀座にあるサンリオギフトショップに赴き、アリーチェは
「これ超カワイイ〜」を連発させ、パパにおねだり攻撃。
その後もスタバでお茶しながらたくさんおしゃべりして
とっても楽しい時間を過ごしました。
お仕事でお忙しい中、銀座まできて頂いて
本当にありがとうございました。m(_ _)m
(一緒に写真も撮ったのですが、写真をブログで
公表するのは、お恥ずかしいとの事で、残念ながら
ご本人のお顔はお出しする事はできません)

さてこの日の夕方は我が家のお友達の中で一番のセレブ
であるイギリス人建築家&実業家の世田谷にある豪邸に
夕飯&お泊まりのご招待を受けていました。
ここには住み込みのナニー(子守り)兼家政婦の方も
いらっしゃるんですよ?
3年前に、彼はウィーンの我が家にも子供達(アリスちゃん
&マリーゴールドちゃん)と遊びに来てくれました。

3年振りのアリちゃんマリちゃんとの再会に
大喜びするアリーチェ。
Img_0084

誰? 美人三姉妹って言ったのは?
Img_0096
その気持ちもお察ししますが、
左がマリちゃん(13歳)で、真ん中がわ・た・しっ。

Img_0052
後ろがアリスちゃん(15歳)。

この二人、イギリスのインターナショナルスクールに
通ってるんです。
で、聞いてみましたよ?

「やっぱ、芸能人の子供とかも来てんの?」

「うん、キムタクの娘もいるよ〜。
 キムタクが車で送り迎えしてるし〜
でもさ〜、この子、顔でかいんだよ〜」

と言って、学校のアルバムを見せてくれました。
何と、アリスちゃんもマリちゃんもキムタクの
住所と電話番号も知ってるらしいですよ?
  いくらで売れますかね?

「工藤静香はね〜、学校のバザーの時、
 焼きそば焼いてたし〜。あとはね〜、
  とんねるずの、ノリタケ知ってる?」

「食器?」(ちょっとくらい、ボケさせて下さいな?)

アリちゃんマリちゃんも、私の冗談を理解したらしく、
笑いながら、こう続けました。

「ノリタケの息子もいるんだけどさ〜、
 その子にノリタケのサインを頼んだら、
    何て言ったと思う?」

「え〜、全然分かんな〜い。何て言ったの?」

その衝撃の答えは・・・

     明日に引っ張らせてもらいます。

Banner_02
押していただけると、
明日の記事を今から書いちゃいますよ?

| | コメント (6)

カリスマ美容師が来たよ☆

実は、我が家は、かれこれ4年以上、自宅に
美容師さんを呼んで散髪してもらってます。 
ハイソですね?
で、そのカリスマ美容師のお名前は、Mr. Lee!
と言っても、こちらのLeeさんとは、
  無関係ですよ?

しかしこのLeeさん、7時半にお約束したはずなのに、
30分経っても、40分経っても
いらっしゃらなかったんで、主人が心配になって、
電話しました。 
  そうしましたら、Leeさん曰く・・・

「今、そっちに、向かってま〜す。」とのこと。。

って、今どこ?

ま、細かい事は気にせずに、家族仲良くテレビを
見ながら、お待ちしてました。。

そしたら、こちらのお二方も、
  Leeさんを待ちきれなかったらしく・・


ロミー、Leeさん、来た?
Sany0016
おっ、ブローニャ姉ちゃん、Leeさん来たぞ来たぞ!

で、Leeさん、何と、一時間半の遅刻。
ま、カリスマ美容師はご多忙だから、
  しょうがないですね?

ではさっそく、あとうから始めていただきました。

Sany0006_2
ワタシ的に、息子はあんまり短くすると、
妙に男っぽくなるので、いつもこれくらい↓に切って
もらってます。


Sany0009
Leeさん、本当に、丁寧に切って下さるんですよ。

次はアリーチェの番です。

Sany0018
サイドにシャギーを入れて、後ろはフラットに
切っていただきました。
全体的に、15センチほど、短くなりました。

こちらが、アフターです。

Sany0020
すごく軽くなって、アリーチェもご満悦。

で、次は、私もやってもらったんですのよ?
今までは、美容院で済ませてたんですけど、
今回は、なぜか胸騒ぎがして、絶対にLeeさんに
やってもらおうと、決意してたんです。
カットに加えてカラーリングもお願いしました。

で、気になる出来はと申しますと、かなり、
イメージチェンジできましたわ?
アリーチェ同様、すんごく軽くなりました。
軽く見積もっても、5キロは軽くなったハズ?


世界中にいらっしゃる、5億人の私のファンの方には
申し訳ないけど、今回の私の写真はないんです。
如何せん、Leeさんが帰られたのが10時半過ぎで、
もう、自分のぶんまで写真を撮る余裕なんて、
なかったんですもの。
決して、スッピンだったからじゃ、ないんですのよ?

あっ、私、スッピンだと、青木さやかにそっくり
なんです。また、ファンが増えちゃたかしら?

最後に、主人もカットしていただいて、気になる
セレブプライスは、と申しますと・・・
カット7ユーロ、カラーリングが10ユーロで、
家族4人分、しめて、38ユーロよ?
ちなみに、出張費込み! もちろん、チップは
別にお払いしてますけど、びっくりなセレブプライス
ざましょ?

ウィーン在住の方で、Leeさんに是非、自分の髪も
切って欲しいと、思われた方がいらっしゃれば
お電話番号、お教えしますわ?
Leeさんの腕は私が、保証いたします。

もしくは、旅行でウィーンにいらして、どうしても
髪の毛が切りたくなった方も、いかがでしょうか?
(いるわけ、ね〜だろーっ


なぜか、頭痛がしますけど、最後にオマケ。
Sany0005
これは、あとうが7歳の時に、ポラロイドのCMの
お仕事を、三浦りさ子さんとご一緒した時のものでして、
その頃、雑誌にもこんな感じで、載ってたんですの。
そのうち、CMの撮影風景も公開しちゃおうかな?

Banner_02
押していただけると、
Mr. Leeがあなたの家まで出張してくれます!

| | コメント (8)

母と息子の会話

ウチの息子、13歳なんですけどね、
やっぱりあれですね?娘と比べるとしゃべりません。
多分、娘の100分の一くらいしか、しゃべんないし、
ボキャも少ない気がします。


学校から帰ってきて、
「今日どうだった?」と、声を掛けても

「楽しかった」これで終わりです。

   会話の発展は望めません。。

こんな息子ですが、昨晩、目を輝かせて
「ママ!あのね!」と、私に話しかけてきました。

「どうしたの?何かいい事でもあった?」

とにかく、嬉しそうな表情です。
  久しぶりに会話がはずむ予感。。

「あのね!ママ!あっ君ね!」
(自分の事をあっ君と言います)

「うん、うん、どうした?」


      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・


「クリスマスプレゼント、決まった!」

5秒ほど、射殺しときました。

Banner_02
押していただけると、
息子がおしゃべりになります!

 

| | コメント (5)

夫婦の会話

昨日の夜中、テレビを見ていたらブローニャが
すっごいスピードでベランダから走ってきたんです。
あんなに速く走っているブローニャは初めて見ました。
ブローニャのお肉が上下左右にぷらついていました。
しかも尻尾がふくらんでいたので、相当、
怖いものを見たに違いありません。

妻「あんなに血相変えて、ベランダに
       何かいたのかしら?」

すると、ロミーがベランダから、ひょっこり
帰ってくるではありませんか。

夫「きっと、ロミーがブローニャに
   いないないば〜、やったんだよ」


ロミーの「いないないば〜」を
想像しちまった、あなたも!
Banner_02

| | コメント (5)

父と子の会話

めっさ、高そうなポルシェのオープンカーを指さして

「パパ、どうしてこの車には、お屋根がないの?」
と、アリーチェ。

「それはね、お金がなくて、
    屋根まで買えなかったからだよ。」

「そうなんだ!ありがとう、パパ!」

母の心の声

「じゃあ、どうしてウチは、めっさ貧乏なのに、
       車に屋根、付いてんの?」

  か〜、か〜、か〜(カラスの鳴き声)


ポルシェの創設者、フェリー・ポルシェが
オーストリア人だったと、知らなかったあなたも!
Banner_02

| | コメント (4)