オーストリア

無いモノねだり☆

突然ですが、先日ナーディアの家で撮った二人の写真を
見て下さい。

Img_1489
(りんごさん!このマイメロちゃんのバッグ、
   ナーディアも大好きなんです)
左のナーディアは小麦色に日焼けしているのに対し、
アリーチェは全然、日焼けしていないことにお気付き
いただけると思います。アリーチェにはマメに、
日焼け止めを塗らせてますが、ナーディアは日焼け止めを
一度も塗ったことがないそうです。

昔は日本でも日焼けした肌が健康的と言われてましたが、
現在は、女性は特に猫も杓子も「美白」ですよね?
紫外線はタバコと同じで、百害あって一利なし、
と言う意識が浸透しているので、屋外に出る時は、
割と日焼け止めもマメに塗るのではないでしょうか。

それに白い肌が美徳とされている日本では、
美白効果のある化粧品はどこででも手に入るのに対して、
ここでは、まず見つけることができないのが現状です。

それは、ここヨーロッパでは、白い肌より小麦色、
もしくはそれ以上に日焼けした肌の方が美しいと
されているからで、日焼けサロンも石を投げれば
当たるくらい、到るところに点在しているんですよ。

特に今はバカンスシーズンですので、近場だと車で
イタリア、クロアチア、ちょっと小1,2時間飛行機に
乗ると、スペイン、ギリシャ、トルコ、チュニジア等の
ビーチでがんがん焼いてオーストリアに戻ると、
その日焼けした肌を友だちや同僚に自慢するんです。

が、ここでまたウチの主人ですよ。
ウチの主人、白人の中でもかなり色が白くて、
それが子供のころからのレッテルだったらしいんです。
ですから、日焼け止めなんて絶対に塗らないし、
どんなに日焼けしてもちょっと赤くなるだけで、
数日経てば、また元の真っ白い肌に戻っちゃうんです。

で、9月になって学校が始まると、クラスメートに
  いつも同じ嫌味を言われてたそうです。

          そ

          れ

          は

 「夏休み、ずっとトンネルの中で、過ごしたん?」


 ○| ̄|_(/_;)(+_+)(-o-;)(x_x)ゞ(>_<)_| ̄|○

 (少年はその言葉に深く傷ついていました)

ウィーンにも黒人の方、たくさんいらっしゃるんですけど
ウチの主人、黒人の方を見る度に、

    「よく焼けてて羨ましい。。」
   
   (って、それは生まれつきだし!)

   と、ぼそっと本音をこぼすんですよ。

   ま、無い物ねだりって感じですかね?

 人は自分にないものを欲しがる動物ですから。。

日本人からすると、ヨーロピアンの白い肌は
羨ましいほど、美しく見えるかもしれませんが、
ヨーロピアンはアジア人の肌の色だけではなく、
黒髪や黒い瞳の色も、エキゾチックに見えるので、
わざとブロンドを黒く染めたり、コントタクトも黒を
選んだりしてるんですよ。

ただ、美白を全く気にかけずに、そのまま歳を取ると、
顔も体もシワやシミだらけになることは、
(周りを見る限り)間違いなさそうです。。

        ☆今日のオマケ☆

   蓮田SA PA限定、クロミちゃんストラップ

Img_0955
こちらもにょーさんからの。(TдT) アリガトウ
クロミちゃんを選ぶなんて、にょーさん、通な感じですよ?
クロミちゃんはまだウィーンに上陸してないので、
アリーチェもすごく喜んでいました。!(^^)!
可愛い限定品の数々、本当にありがとうございました。

    ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆


Img_1312
 わたくしも、美白派よ? 何か文句でも?

Banner_02
押していただけると、
ウチの主人がウィル・スミスに変身!

| | コメント (15)

本当に、あるんです!

ウチの主人、毎日、会社から仕事中に面白画像を見つけては
愛しの妻に、その喜びを共有すべく、
メールしてくれるんですよ? 気が利く旦那ですよね。

例えば、こんな感じとか・・


Chicken

まさか、意味が分からない方はいらっしゃらないですよね?

で、昨日はこれですよ・・


Fucking
(上の看板に書かれている文字の意味が分からない方は
 辞書で確認してもらえると、ありがたい。。)


これはちょっと、ドイツ語が分かる人にしか笑えないん
ですけどね、私、これは完全にやらせだと思ったんです。


で、下の子供たちがドイツ語で言っているセリフは、
「そんなにスピード出さないで」みたいな意味合い
なのですが、この場合は、上の看板との掛け合わせで、
「そんなに(上の行為を)焦らないで」つまりは、避妊を
呼びかけているんですよ。


で、主人が家に帰って来たんで・・

   「あの画像、めちゃくちゃウケたわ〜。
       良く考えてるよね」

と、感想を述べたら・・

「あれ、本当にオーストリアにある町の名前なんだよ!
    やらせじゃないんだよ!」

     と、言うではありませんか!

で、ようつべでもいくつか紹介されていたので、
お時間がある方は、こちら(英語)をご覧下さい。

1070年に生まれたこの町は、「フッキンク」と発音し、
映画の「サウンド・オブ・ミュージック」で有名な
ザルツブルクの少し北に位置します。

面白いことに、2004年に町の名前を変えるべく
多数決を取ったところ、何と名前を「変えない」との投票が
「変える」の投票を上まり、町の名前はそのまま残すことに
なったそうです。町のみなさんは、町の名前に誇りを持って
暮らしてらっしゃるようですね。

ちなみに、町の名前入りTシャツも販売されていますので、
ご興味がある方は、一枚、いかがでしょうか。

まさか、自分が住んでいる国にこんなユニークな名前の町が
実存するなんて、驚き、桃の木、山椒の木でしたよ?


みなさんがお住まいの国にも、面白い町の名前があったら
是非、教えて下さいね。

        ☆今日のオマケ☆

佐野パーキングエリア限定、マイメロちゃんストラップ


Img_0951

こちらも、にょーさんからのです。(TдT) アリガトウ
アリーチェ、たくさんストラップを頂いたので、
一つくらい、私が頂いちゃおうとしたら、自分の携帯に
ストラップを通す穴がないことに、初めて気付きました。
にょーさん、プレゼントのセンス、良すぎですよ?

    ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆
     
           東京 

Img_0918

成田に向かう車中から撮った一枚。
また、日本に帰りたくなりました。。


Banner_02
押していただけると、あの町の名前が、
あなたの町の名前と、入れ替わっちゃいます!

| | コメント (9)

世界一高いマックディナー \(;゚∇゚)/

普段、平日は外食なんて絶対しないんですけどね、
その当時、私も働いていて、寝不足が続き、とうとう
その晩、夕飯をマックで済ませちゃおうと言う
話になったんです。

で、家族4人揃って玄関を出ましたよ?

で、ガチャ〜ンとドアを閉めますよね?

で、もちろん、鍵を掛けますよね?

が、誰も鍵を持ってない事に、
    その時初めて気付いたんですよ?

     私と主人、一瞬にして、顔面蒼白・・

        _| ̄|○  ○| ̄|_

ま、日本だったら、またドアを開けて鍵を取って来れば
済むんですけどね、オーストリアはオートロックが
主流でして、一度ドアを閉めると、ドアを叩き壊すか、
鍵屋さんを呼ぶ以外、手はないと言う事になります。

前者をやった人、知ってるんですけどね、はっきり言って、
新しいドアの値段って、鍵屋さんに払う料金より、
数倍、高いに決まってるでしょう?

ですから、ウチは鍵屋さんを呼ぶ事にしたんです。

でも、人間って窮地に置かれたら、変な事をするんですよ?

主人は、開かないはずのドアを

  「開く訳ないよな〜」

と、言いつつ、何度も開けようとするし・・

私はとりあえず、中にいる猫と交信ですよ?

「ブロちゃん、ブロちゃんの体重だったら、
重いドアのハンドルも、ジャンプで開けられるよね〜
やってみよ〜、がんばって〜、お願い〜」

そんな私をよそ目に、主人は上の住人から携帯を借りて
鍵屋さんに電話してました・・。

で、数分後、待望の、鍵屋さんがやって来ました!
ピカピカのベンツで乗りつけて。(*_*;


「お待たせしました〜、さっそく開けますよ!
 開けるところは、企業秘密ですので、
  作業中は後ろを向いてて下さいね」

と、言われ、言われるままに・・

そう、ものの数十秒後、鍵屋さんから声をかけられ、
無事、鍵を取りに家の中に入る事ができました。

     「おいくらですか?」

主人が、ビクつきながら尋ねると・・

「今、7時過ぎちゃったんで、夜間料金になるんですよ。
昼間だったら、130ユーロなんですけど、今だと
180ユーロ(約3万円)になります」

と、会話している間にも、次の仕事の依頼の電話が・・

今日だけで、最低360ユーロの稼ぎってことですよね。
で、鍵屋さん別れ際に、

「また何かあったら、お電話下さい」

と言い残して、ウチの玄関のドアに、携帯の番号付き
シールを勝手に貼って、爽やかな笑顔で、次の現場へ
急がれました。

夕飯? もちろん、マックで食べましたよ?

「180ユーロも200ユーロも変わりはね〜」

と、主人が、開き直っちゃったもんですからね。

その180ユーロは、レッスン料と言う事で、それ以来、
もちろん、鍵を忘れたこと、ありませんよ。

            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・

        今のところは・・σ(^_^;)

今回のこの事件で、今の仕事がなくなったら、
鍵屋に転職することを、心に深く誓った主人でした。。

         ☆今日のオマケ☆

   ハローキティ埼玉限定、日本人形バージョン

Img_0952
こちらもにょーさんからののストラップです。
にょーさんから頂いたものは殆どが、限定物ばかりで
にょーさんのこだわりが感じられますね?
にょーさん、貴重な、ありがとうございました。★('-^v)


      ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆


Img_0560

りんごさんは今、北極で休暇中との事でしたので、
今回は機内から撮った富士山をご覧下さい。


Banner_02
鍵屋って、どうやったらなれんだよっ?
と、マジで考えたちゃったあなたも!

| | コメント (11)

2005年 夏

この年の7月はトルコでバカンスを過ごしたのですが、
トルコの写真が見つからなかったので、トルコから
戻って、クレムス近くで、ワイン農家を経営する
お友達を訪ねた時の写真を紹介します。

このブドウは、お友達のお家の庭先で屋根を
なしていました。
Sany0003


ブドウの屋根の下には、優しい陽が射してます。

Sany0004_2


こちらは、レストランの庭先です。

Sany0008
お花が綺麗に咲いてますね。

ワインの樽がある建物の中です。
Sany0011
アリーチェが持っているのは、ワイン畑から
取ってきたニンニク。

ワイン畑を背にして。
Sany0016

村全体を撮って見ました。
Sany0017

元々、ワインは大好きだったんですが、ウィーンに
越してきてから、もっと好きになりましたね。
いつか、ブドウの収穫を手伝うのが、
 私のプチドリームです。。

長かった日本帰国も今日が最後、明日は
ニャンズが待つ、ウィーンに帰ります!
明日は久々に、お二方が登場しますよ。


帰国中の旅行記を楽しんでいただけたら・・
Banner_02

|

本日のリコメンド♪ + 思ひで篇

久方ぶりに、このコーナーがやって参りました。
今まで、色んなヨーロッパ諸国のアーティストを
紹介してきましたが、本日、ピックアップしたのは
オーストリア出身で、現在はベルリンを拠点として
活動している、アコギ君、
Bernhard Eder(ベルンハルト・エーダー)の
Cuteをみなさんに、聞いていただきたいと思います。

聞いていただくとすぐに分かると思いますが、
彼のサウンド、ショーン・レノンにクリソツ(死語?)
なんです。この曲は去年リリースされた、アルバム、
Livingroom Sessionsの中の一曲ですが、この曲に
限らず、アルバム全体の雰囲気は、メランコリックが
キーワードとなっております。

さて、ショーン・レノンと言えば、ウチの息子、
7年くらい前に、日テレの「知ってるつもり」
と言う番組で、ジョン・レノンの特集をやった時に、
幼少時代のショーン役で、テレビ出演したんですよ。
ちらっとしか、出なかったんですけど、良い思い出です。


ロケ地は、ジョン・レノンとオノヨーコが愛した場所、
軽井沢の、万平ホテル周辺でした。
Dsc00006
ジョン・レノン役の彼、すっごい似てるでしょ?

こちらは全然血のつながっていない、
   親子三人のショット。

Dsc00016
この頃の息子、全然落ち着きがなかったんです。

実は、このお仕事がきっかけで、ジョン役の彼と
お友達になり、何度かお互いの家で会いました。
彼は横田基地にお勤めで、日本人の奥さんと二人の
娘さんと基地内にお住まいでした。

これは彼のご自宅に招待された時の、
若かりしころの、そしてメタボってない、
ウチの主人と、本名マークとのツーショット。
Pict0275
 懐かしすぎる・・・・色んな意味で。。


今回は、洋楽に興味のない方も、少し楽しんで
頂きたく、思いで話を無理やりプラスしてみましたが、
いかがだったでしょうか。

では、次回のこのコーナーまで!


バイナラ〜

Banner_02
押していただけると、
あの頃の主人が、カムバーーック!

| | コメント (4)

4年B組、お別れ会☆

昨日はアリーチェのクラスのお別れ会がこちら
レストランで、催されました。

6時開始でしたので、我が家も6時丁度に会場に着くと、
参加者の殆どが、もう、飲んでましたよ?
(仕事には平気で遅れるが、飲み会となると時間より早く
来る、オーストリア人の国民性って。。)

平日の夕方6時って、日本のお父さんはまだ働いて
ますよね?って、日本のお父さんは、子供のお別れ会なんか
には、もともと、参加しませんよね〜。
こちらは、育児は母親だけのものではない、と言う意識が
強いので、学校の行事にはパパさんも、意欲的に参加
される方が、多いんですよ。良い事ですね?

去年のクリスマス会のダンスの時、私がじゃま呼ばわり
した方にも、久しぶりにお会いできました。

さて、大人が飲んだくれて、しゃべっベってる間、
子供たちは、こちらの遊び場で大盛り上がり。


Sany0017
盛り上がりすぎて、右のバルーンが倒れそうになる事、
数十回。。


主人と私が注文したビール。。
Sany0020
ここはシュヴェッヒャートと言う、空港がある町
なのですが、このビールはこの町の地ビールで、
とってもおいしんですよ。
ちなみに、我が家はこの町まで、歩いて数分の距離です。
地理的に、分かる方、いらっしゃいます?

ガールズ、結集。
Sany0025
クラスの人数が20人ちょっとなんで、本当にみんな、
仲良し子良し。。

親と先生は、こちらのお庭でのんびりしてます。
Sany0026
平日の夕方にもかかわらず、お客さんの入りは上々でした。

ちょっぴり年上のあとうは、一緒に遊ぶのが
恥ずかしかったらしく、一人でDSをやってました。
Sany0028
そのうち、DSにも飽きたので、私がしりとりの相手を
してあげたんですよ?ちなみに私から始めました。
「りんご」
「ごま」
「まり」
「りす」
「すみれ」
「れんこん、あっ、レモン、あっ、レストラン、あ〜〜」
息子、撃沈。。


我が家が注文したスペアリブ。
Sany0030

こちらはこのお店オリジナルのグラーシュです。
Sany0031
グラーシュはビーフシチュウみたいなものです。
ウィーンにいらしたら、是非。

左の子の名前が分かるあなたは、かなりの
ウチのブログ通です。
Sany0038_2
思い出しました?

私の隣のテーブルにいた、この子犬ちゃん。
落ち着きなくて、超可愛かっんです。
Sany0039
子犬を見ると、必ずロミーを思い出しちゃうんですよ。

バーバラ先生に、4年間の感謝の気持ちを込めて、
お花と、みんなで作った寄せ書きを進呈。
Sany0042
先生、本当に嬉しそう。。

こちらはイリス先生。
Sany0046
このお二方の先生は、本当に素晴らしい先生でした。
別れ際にも、「入学した時は全然ドイツ語が
書けなかったアリーチェが、ギムナジウムにまで行ける
 ほど成長して、ほんとうに嬉しいです。」
と、おっしゃって下さいました。

こちらこそ、4年間、ありがとうございました。<(_ _)>
ちなみに、先生方も、ウチのブログ、
 ご覧になってるんですよ。


アリーチェは友達の妹ちゃんともいっぱい遊んでました。
Sany0049
小さい子の相手をするのが大好きなんです。

6時から始まった食事会でしたが、
8時半くらいにお開きとなりました。
みなさん、ドイツ対ポルトガルの試合をウチでのんびり
見たかったんでしょう。。

この時期のヨーロッパは9時近くまで、昼間のように
明るくて、気温も高いので、外でこんな風に過ごすのは
とっても気持ちの良いものです。


今回のこの記事も
楽しんでいただけたら・・
Banner_02

| | コメント (5)

おはようございます☆

おはようございます!
今日のウィーンは、久しぶりに朝から青空が
広がってます。
ここ最近、曇りがちの肌寒い日が続いていたので、
今朝の快晴はウキウキ気分を盛り上げてくれます。

さて恒例のアリーチェとこの方のツーショット。

Sany0013
「ロミー、写真撮る時だけ、じっとしてて。」
と、アリーチェ。
落ち着きゼロのロミーは、朝からソワソワ。。

もう一度、チャレンジしてみましょう。


Sany0014

「アリーチェ姉ちゃん、今朝はこれで勘弁してくれ!
おいら、ベランダで遊びたいんだよ〜。」
と言うロミーの視線は、すでにベランダを指しています。


ベランダに移ったロミーは、トンネル型のおもちゃに
身を隠して、バードウォッチングちう。。
Sany0009
「鳥さんには、おいらが見えないはずだな」

つか、鳥さんにしてみれば、あんたが隠れてても
隠れてなくても、同じだと思うよ。。


さて、こちらは先のサッカー欧州選手権の
オーストリアVSドイツ戦当日のドイツの新聞です。
オーストリアの選手の体がウィナーソーセージに
なってるのが、見えますでしょうか?
Sany0007
ドイツ語で「さよなら」は、Auf Wiedersehenと
言うのですが、ここではAuf Wienersehen.
太字のWienerはウィーン人とウィナーソーセージを
意味するので、「ウィーン人、あばよ!」と
コケ下ろしてる訳です。オーストリアの新聞も同様に
ドイツをバカにした記事を掲載してましたけど、結局、
ドイツが勝った訳ですから、どちらにしても、
ドイツの圧勝ですね。
私は個人的に、ポルトガルを応援してますよ。

そうそう、この試合、両国の監督がレフリーに退場を
言い渡されたんです。前代未聞じゃあ〜りませんか?
試合後、オーストリアのキャプテンが
「やはり、監督がベンチにいなかったから
    不安だったんでしょうか?」
と、インタビューされてたんですけど、その返事は
「えっ、監督いなかったの?全然気付かなかった。」
って、あんた、監督退場になったの、前半だから!
ま、オーストリア人はこんなもんです。

それにしても、開催国(ホーム)であるスイスも
オーストリアも負けちゃった訳です。
なんか情けないね。。


さて、最後は姉さんに〆てもらいましょう。
Sany0003
下のバナーをクリックしないと、この爪でひっかいて
血だらけにするわよ?


押していただけると、
ブローニャが爪を切らせてくれます!
Banner_02

| | コメント (6)

ブローニャのしっぽ♪

かぞくでよるテレビを見るとき、ブローニャは
ソファの上でねています。
きのうのよるはおもしろいしゃしんがとれました。

Sany0029
しっぽをまるくしてました。
めずらしいです。
みなさんのおうちの猫ちゃんもこんなことしますか?

このしゃしんはスーパーのまえでとりました。
ケージの中はドッグフードが入っています。


Sany0035
かいぬしのいない、かわいそうなちゃんたちのしせつに
きふされます。
わたしも一つかってきふしました。
ちゃんのもあるので、心ぱいしないでね。

アリーチェでした。

Banner_02
押していただけると、
ブローニャのしっぽが三角に、変身

| | コメント (7)

アンビリーバボーなスーパーマーケット

我が家は2003年の春にウィーンに移住した訳ですが、
この5年で日本とオーストリアの違い、良くも悪くも
すごーーく、実感しております。
今日は「スーパーマーケット編」で、
ぶちまけたいと思います。

まぁ、御存知だと思いますが、欧米のスーパーの
ショッピングカートは幼稚園児5人くらい入るキャパが
ありまして、とても大きいんですね。
カートには、4,5歳くらいまでの子供が一人座れるように
なっておりますが、10歳くらいのガキが、
平気な顔してチーズやらポテチやらネギやらと一緒に、
カートの中で体育座りですよ?
時には2,3人平気で、キャベツやトマトと戯れてる始末。
日本でそんなん、見た事あります??

で、このカートを持ち帰る大バカ野郎も後を絶ちません。
最近、法律で罰金を取るようになりましたけど、
取り締まっている警官を見かけたのは、未だ皆無。
持ち帰ってまた戻せば良いんですけど、その辺の
歩道にポイですよ?

これは暑い夏に多いんですけどね、飲みかけのコーラやら
アイスティーのペットボトルが、お菓子のコーナーやら
洗剤のコーナーで平然と鎮座してるのは、日常ちゃ飯事!!
こちらの人はレジで払う前から、
食べたり飲んだりするんです。
だんだん気分が悪くなってきましたね?

で、ワタシ的に一番許せんのが、
一度商品をカートに入れたが、
「やっぱ、買うのや〜めよ〜っと」で、
ちゃんと元に戻さない客!肉や魚などの冷蔵品が
文房具コーナーのノートと並んでたりするし、
アイスや冷凍ピザがレジ前の特価品コーナーの
カゴに入ってたり・・
怒りで、噴火寸前の火山みたいな顔になっちゃいました?

で、最後にレジを打ち間違えた店員に
「これ、半額なのに半額になってないわ」と注意すると・・
「ちょっと待って〜、いま〜、わたしぃ〜、
     この人のレジ打ってるしぃ〜」
で、待ちましたよ。レジ打ち終わるの。。
「え〜っと、これが多く払った分ね」
と言って、返金してくれたは良いけど、そこには
「すいませんでした」の言葉はどこーにも見当たらず。。
が、「あんたのせいで、
     私の仕事が増えちゃったじゃないっ」
と言う心の叫びは、はっきり聞こえましたよ?
日本でお客様は「神様」ですが、
オーストリアでは「王様」と比喩されるらしい。
    マジかよ。。

と、まぁ、スーパーに行く度に嫌な思いをする訳です。
日本ではどれもあり得ませんね?


ウィーンには「斉藤さん」が必要ね!
と思ったら・・
Banner_02

| | コメント (8)

Großschönau

こんにちは、アリーチェです。
きょうはきょ年の春に学校で5日かん
おとまりにいったときのしゃしんを
しょうかいします。

Dsc03653
この日はちょっと天気がわるかったです。

Dsc03650
ここでサッカーをしたり、
はしってあそびました。

Dsc03678
このたてものの3かいにとまりました。
6人いしょにねました。

Dsc03672
ときどきこの猫ちゃんにあいました。

Dsc03652
左はともだちのアティーナです。

Dsc03651
このたてものでごはんをたべていました。

かぞくとこんなながく、はなれたのは
はじめてだったので、でんわでママと
はなしたときは、ないちゃいました。
でもクラスのともだちといっぱい
あそんだり、はなしてたのしかったです。

アリーチェでした。

コメントまってます。
Banner_02

| | コメント (14)

より以前の記事一覧