思いで

世界一高いマックディナー \(;゚∇゚)/

普段、平日は外食なんて絶対しないんですけどね、
その当時、私も働いていて、寝不足が続き、とうとう
その晩、夕飯をマックで済ませちゃおうと言う
話になったんです。

で、家族4人揃って玄関を出ましたよ?

で、ガチャ〜ンとドアを閉めますよね?

で、もちろん、鍵を掛けますよね?

が、誰も鍵を持ってない事に、
    その時初めて気付いたんですよ?

     私と主人、一瞬にして、顔面蒼白・・

        _| ̄|○  ○| ̄|_

ま、日本だったら、またドアを開けて鍵を取って来れば
済むんですけどね、オーストリアはオートロックが
主流でして、一度ドアを閉めると、ドアを叩き壊すか、
鍵屋さんを呼ぶ以外、手はないと言う事になります。

前者をやった人、知ってるんですけどね、はっきり言って、
新しいドアの値段って、鍵屋さんに払う料金より、
数倍、高いに決まってるでしょう?

ですから、ウチは鍵屋さんを呼ぶ事にしたんです。

でも、人間って窮地に置かれたら、変な事をするんですよ?

主人は、開かないはずのドアを

  「開く訳ないよな〜」

と、言いつつ、何度も開けようとするし・・

私はとりあえず、中にいる猫と交信ですよ?

「ブロちゃん、ブロちゃんの体重だったら、
重いドアのハンドルも、ジャンプで開けられるよね〜
やってみよ〜、がんばって〜、お願い〜」

そんな私をよそ目に、主人は上の住人から携帯を借りて
鍵屋さんに電話してました・・。

で、数分後、待望の、鍵屋さんがやって来ました!
ピカピカのベンツで乗りつけて。(*_*;


「お待たせしました〜、さっそく開けますよ!
 開けるところは、企業秘密ですので、
  作業中は後ろを向いてて下さいね」

と、言われ、言われるままに・・

そう、ものの数十秒後、鍵屋さんから声をかけられ、
無事、鍵を取りに家の中に入る事ができました。

     「おいくらですか?」

主人が、ビクつきながら尋ねると・・

「今、7時過ぎちゃったんで、夜間料金になるんですよ。
昼間だったら、130ユーロなんですけど、今だと
180ユーロ(約3万円)になります」

と、会話している間にも、次の仕事の依頼の電話が・・

今日だけで、最低360ユーロの稼ぎってことですよね。
で、鍵屋さん別れ際に、

「また何かあったら、お電話下さい」

と言い残して、ウチの玄関のドアに、携帯の番号付き
シールを勝手に貼って、爽やかな笑顔で、次の現場へ
急がれました。

夕飯? もちろん、マックで食べましたよ?

「180ユーロも200ユーロも変わりはね〜」

と、主人が、開き直っちゃったもんですからね。

その180ユーロは、レッスン料と言う事で、それ以来、
もちろん、鍵を忘れたこと、ありませんよ。

            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・

        今のところは・・σ(^_^;)

今回のこの事件で、今の仕事がなくなったら、
鍵屋に転職することを、心に深く誓った主人でした。。

         ☆今日のオマケ☆

   ハローキティ埼玉限定、日本人形バージョン

Img_0952
こちらもにょーさんからののストラップです。
にょーさんから頂いたものは殆どが、限定物ばかりで
にょーさんのこだわりが感じられますね?
にょーさん、貴重な、ありがとうございました。★('-^v)


      ☆にゃんちゃってキャメラマン、ゆき☆


Img_0560

りんごさんは今、北極で休暇中との事でしたので、
今回は機内から撮った富士山をご覧下さい。


Banner_02
鍵屋って、どうやったらなれんだよっ?
と、マジで考えたちゃったあなたも!

| | コメント (11)

2002年 春

この年の春は、近所に住む友達と一緒に埼玉県
比企郡にある、やまめの里に行きました。

200205082103297
このワンピース、何と今でも着られるんです。


こちらの施設では、手打ちうどんを作って
食べられるんですよ。

200205082102788
まずは、こねこね。。アリーチェの顔、
真剣そのものですね。


次は踏み踏み。。
200205082102351
二人とも楽しくやってました。

次は伸ばして・・。
200205082102880

切るのは私が担当しました。

200205082102531
この黒のズボン、ウィーンに来てすぐのころ
ソファに座った瞬間、股が裂けてしまいました。。


こちらが、当時ご近所だった浦和某所に住む
お友達です。
200205082103760_2
みんな、大きくなっただろうな〜。


うどんをたらふく食った後は、やまめ釣りに挑戦です。
200205082103995
なかなか釣れなくて、退屈する二人。。
結局、私が3匹釣りましたよ?

釣ったばかりの魚を焼いて食べるなんて、
そんなかわいそうな事、私には出来ませんわ?
200205082103778
って、食ってるし。。

日本にいたころは、近所の友達とすごく仲良く
していたのに、ウィーンに来てからは、殆ど
近所付き合いがありません。
だって、友達にしたくなるほど、魅力的な人が
全然いないんですもの。。
日本人って、面白くて親切だし、常識的だし。。
(深い溜め息forオーストリア人)
この記事かいてて、超懐かしくなっちゃいました。。

さて明日からは、あの事件直前のあの都市を
3日連続でご紹介します。

今日もそれなりに、楽しんでいただけたら・・
Banner_02

|

逮捕するよ☆

実はこの写真、20数年前の主人です。

Crop0891

主人は今でこそ、プログラマーとして家族を養って
くれていますが、主人の最初の仕事は警察官でした。

警察の試験を受けた時、あまりにも主人の態度が
悪かったんで、面接官に、絶対落ちると断言された
にもかかわらず、ふたを開けてみたら、
数千人受けた試験を、主人は首席で合格したそうです。

当時、10代後半だった主人は、独学で日本語を学び
読み書きはもちろん、話す事も出来ました。
で、日本語を話せる警察官は、ヨーロッパでは
初めてとして、欧州中のプレスから取材を受けたそうです。
制服の胸元には「日本語を話します」バッジを
付けていたとのこと。

その頃のパトロール中のエピソードとして、
ウィーンの旧市街で、酔っ払いの日本人がギターを
弾いていて、注意してもやめなかったので、
仕方なく、しょっぴこうとしたその瞬間
その酔っ払いの日本人が・・

「どうせ日本語分かんないんだろ、
 俺の事なんか、ほっといてくれ!」

と言ったので、主人は
「はいはい、大人しくして。
   一緒に警察に行こうね〜。」と、
優しく、逮捕して、連行したそうです。
あの方は、今、どうされてるんでしょうね〜。


今回は、少し趣向を変えて、主人の若かりしころを
お披露目してみました。

今日も、それなりに楽しんでいただけたら・・
Banner_02

|

夏休みの思ひ出、読書感想文篇

数日前の記事で、夏休みの宿題を取り上げた時、
「夏休みの友」でにょーさんとプチ盛り上がり
したんです。。で、その頃の思いでが、
フラッシュバックする如く、いくつか甦りました。
(にょーさん、ブログのネタを提供して下さって
  めるしぃぼく〜)

色々あるんですが、今日は高校生の時に出された、
読書感想文の宿題について、語りたいと思います。

ま、この宿題が好きな人は、滅多にいないと
思うのですが、いかがなものでしょうか?

その年の読書感想文は、自分の好きな本を選んで
書くと言う趣旨だったんです。
で、私が何となく選んだのは、有吉佐和子の
「恍惚の人」でした。
多分、家の本棚にあったとか、
それくらいの偶然性と言うか、
必然性で決めちゃった記憶があります。

それにしても、読書感想文って書くのも大変ですけど、
それ以前にその本を完読しなきゃいけないつーのも
結構、酷ですよね〜。

マンガだったらいくらでも読めるのに、字しかない本を
黙々と読むなんて、退屈だし・・
    しかも、笑うとこ全然ないし。。

こんな風に文句タレながらも、最後まで読んで、いざ
原稿用紙に感想を書こうとしても、さっぱり、
書く事が思いつかなかったんです。

数時間掛けて、1,2行書いたんですけどね、
その先が、二進も三進もいかなくなりました。
でも、次の日は始業式だったので、
その日が締め切りということで、
かなり、追い込まれてたんですよ。

で、当時色白だった私が、思いついた苦肉の策は、
その本の「あとがき」をてきと〜に、自分の言葉に
編集すると言う、とっても腹黒いものでした。。
 (良い子は真似しちゃダメよ!)

それまでは、全然筆が進まなかった感想文も、それを
思いついてからは、ものの30分で、
書き上げることができました。(あとがきラヴ)

その感想文を提出した時は、良心の呵責に嘖まれ
そうになりました。(うそだぴょん)

それから、1ヶ月後くらいだったでしょうか、
その感想文が、県の大会に回って、
審査員最優秀特別賞を、ゲットするに到ったのは。。

つか、審査員の方、何で気付いてくれなかったの?
私があとがきを悪用した事に。。
それさえ気付いてくれたなら、お昼の校内放送で、
私が、あの感想文を読むことはなかったんですよ?


みなさんも、夏休みの宿題の思いで、何か
フラッシュバックしました?

私より、腹黒い宿題の思いでがある方は、
コメント欄で、ぜひ、
仲間になろうではありませんか。


Banner_02
押していただけると、今年の夏休みから
「読書感想文」の宿題が廃止されます!

| | コメント (14)

本日のリコメンド♪ + 思ひで篇

久方ぶりに、このコーナーがやって参りました。
今まで、色んなヨーロッパ諸国のアーティストを
紹介してきましたが、本日、ピックアップしたのは
オーストリア出身で、現在はベルリンを拠点として
活動している、アコギ君、
Bernhard Eder(ベルンハルト・エーダー)の
Cuteをみなさんに、聞いていただきたいと思います。

聞いていただくとすぐに分かると思いますが、
彼のサウンド、ショーン・レノンにクリソツ(死語?)
なんです。この曲は去年リリースされた、アルバム、
Livingroom Sessionsの中の一曲ですが、この曲に
限らず、アルバム全体の雰囲気は、メランコリックが
キーワードとなっております。

さて、ショーン・レノンと言えば、ウチの息子、
7年くらい前に、日テレの「知ってるつもり」
と言う番組で、ジョン・レノンの特集をやった時に、
幼少時代のショーン役で、テレビ出演したんですよ。
ちらっとしか、出なかったんですけど、良い思い出です。


ロケ地は、ジョン・レノンとオノヨーコが愛した場所、
軽井沢の、万平ホテル周辺でした。
Dsc00006
ジョン・レノン役の彼、すっごい似てるでしょ?

こちらは全然血のつながっていない、
   親子三人のショット。

Dsc00016
この頃の息子、全然落ち着きがなかったんです。

実は、このお仕事がきっかけで、ジョン役の彼と
お友達になり、何度かお互いの家で会いました。
彼は横田基地にお勤めで、日本人の奥さんと二人の
娘さんと基地内にお住まいでした。

これは彼のご自宅に招待された時の、
若かりしころの、そしてメタボってない、
ウチの主人と、本名マークとのツーショット。
Pict0275
 懐かしすぎる・・・・色んな意味で。。


今回は、洋楽に興味のない方も、少し楽しんで
頂きたく、思いで話を無理やりプラスしてみましたが、
いかがだったでしょうか。

では、次回のこのコーナーまで!


バイナラ〜

Banner_02
押していただけると、
あの頃の主人が、カムバーーック!

| | コメント (4)

一度だけのお仕事 in 日光

また昔の話で失礼します。
日本にいた時、息子はモデル業を
がんがんこなしてましたが、もろに外人顔の娘には
仕事が殆ど来ませんでした。
小さいながらも本人はやる気満々だったんですけどね。
で、一度だけプロモーションビデオの撮影のお仕事があり、
その時に撮ったワンショットを見て下さい。
アリーチェ、4歳の初仕事です。
ボーカルのたけさんに抱っこされてるのが、
アリーチェです。撮影中に、アリーチェがコケてしまい、
たけさんが、親切に抱き上げて下さいました。

Nikko_031
Skoop On Somebody(S.OS)と言うバンドの
プロモ撮影だったんですけど、ご存知ですか?
当時、TBSのドラマ「ぼくが地球を救う」の主題歌
を歌ってたんですが。。
私は撮影のとき初めてこのバンドを知りました。
当日、雨が降ったり止んだりの天候でしたが、
急に大雨が降り出したので、慌ててスタジオに入ると・・
「雨降ってきましたね〜、お母さん、濡れましたでしょ?
これどうぞ使って下さい」
と、タオルを差し出して下る方がいて、
親切なスタッフだな〜と感心していたら、
その方がボーカルのたけさんでした。
(たけさん、一時期、藤原紀香さんと付き合ってましたよね?)
このプロモビデオはドラマのエンディングと車の
コマーシャルでも使われていたので、
アリーチェがちょこっとだけ
登場する度に大喜びしてました。

最後になりましたが、
ランキングの順位が9位に上がりました。
クリックしていただいたみなさん、
ありがとうございます!


Banner_02
押していただけると、
モデルの仕事があなたにも舞い降ります!

| | コメント (0)

一番のお気に入り☆

今回は10年も前の写真を披露します。
これは私の一番のお気に入りです。
行きますよ〜(ゴーのつもり)

Photo063

この写真を見ると、自然と笑顔になります。
この猫は私達が日本にいた頃に一緒に住んでたピースです。
今は私の姉の家で可愛がられてます。
今でもじゅうぶんに可愛い娘ですが、
赤ちゃんのころは格別ですよね。
あっという間に大きくなるし。

この写真で和んでいただけたら、幸いです。
では、素敵な週末を!

Banner_02
押していただけると、
赤ん坊のアリーチェがあなたの母乳を飲んじゃいます!

| | コメント (4)