« コスプレです☆ | トップページ | くみさんへ »

ガディーア

これは五年も前の亜斗欧の誕生日の写真。。
こんな可愛らしい時もあったんだな〜と
写真を整理しつつ、感慨に耽ってしまいました。

Sany0016

さてさて、今日の主役は息子ではなく、
赤いトレーナーを着ている、ガディーア少年です。
彼はアフガニスタンからの移民です。
アフガニスタンに限らず、オーストリアには
色んな国からの移民がいます。
情勢が安定していない国がまだ
いくらでもあるのはみなさんも
新聞やニュースでご存知でしょう。
私も日本にいた時に、情報として目や耳にしても
所詮、遠い外国のことくらいにしか
受け止められませんでした。

それが五年前、ウィーンで暮らすようになって
人種や宗教の違いを、
直に肌で感じるようになりました。
自分の国から逃げざるを得なかった移民者。
アフリカ、ユーゴスラビア、シリア、旧ロシア・・
本当に色んな国からの移民がいます。
この国で人生の再スタートを切った人達は
必死で生きようとしているように見えます。

しかし近年オーストリア政府は、
一度受け入れた移民をそれぞれの
自国に戻し始めました。
移民を受け入れすぎて財政難が生じたためです。

ここでガディーアの話に戻らせて頂きます。
1994年にアフガンで内戦が広がり、
それから間もなくガディーアは家族で命からがら
ウィーンに逃げのびて来たそうです。

彼は五年前、ドイツ語を一言も話せなかった
息子に一番優しく接してくれた、ウィーンでの
最初の息子の友人です。
学校で会うといつも私に亜斗欧の学校での様子を
話してくれました。
自分も数年前、同じように不安だったことを
思い出して、亜斗欧を安心させようと
してくれたんでしょうね。
亜斗欧の誕生日も必ず来てくれました。
なけなしのお小遣いで、亜斗欧にプレゼントを
選んで来てくれ、誕生日じゃないアリーチェにも
いつもプレゼントを持って来てくれました。
娘も自分の兄より優しくしてくれる、
ガディーアのことを、とても慕っていました。


亜斗欧はこちらで小学三年生から始め、
翌年の春に一週間の修学旅行があると、
知らされてはいたのですが、
言葉もまだ覚束ないのに
何かあった時にパニックになったり、
落ち込んだりすることを考えると、
参加させない方が、息子のためのような
気がしてました。
もちろん、親としては一週間頑張って、
乗り越えて強くなって欲しいという
気持ちもあったんですけどね。
私も主人も最終的には息子の意思に任せることに。。
結局、ガディーアが息子に一緒に行くように、
話してくれ、参加することを決意した息子でしたが、
旅行前日の夜になって、「行きたくない・・」と
泣き出してしまいました。
「じゃあ、明日の朝になっても行きたくなかったら
行かなくて良いよ。だから、もう泣かないでね」
と、諭して寝かせ付けました。

旅行当日の朝は雲一つない青空が広がり、
不謹慎にも絶好の旅行日和だな〜と、
思って朝食の準備をしていると・・
「行くよ!」と、
息子が笑顔で言うではありませんか。
大きなトランクを転がして学校に行くと、
ガディーアは先に来ていました。
「あれ、一人で来たの?お父さんも
   お母さんも来られなかった?」
と尋ねると、
お父さんは出稼ぎで外国にいるとのこと、
お母さんは他の兄弟(六人兄弟)の世話で
来られなかったとのことでした。
自分の体重より思いトランクを、
彼の移民収容所の家から30分以上
転がして来たんだなと思うと、
彼の自立心に逆に心が痛みました。
我が家は家族総出で見送りにきた訳ですから。。

出発の時間になり、バスに乗り込もうとすると
亜斗欧はやっぱり泣き出してしまいました。
親的には予想していた展開でしたが、
動揺しまくる私達を尻目にガディーアは
「亜斗欧、ぼくが守るよ!一週間、
    ぼくが君を守からね」と言って、
亜斗欧の手を引いてバスに乗り込み、
二人並んで手を振って、数百キロ離れた目的地に
出発してしました。
その一週間、亜斗欧は一度も泣くこともなく
元気に楽しく過ごしたそうです。
もちろん、ガディーアのおかげです。

それから二人は別々の
中学に通うことになりましたが、
週末になると、必ずガディーアは我が家に来て
一緒に遊んだり、時には勉強したりしてました。
それが1年以上も前から、
パタリと来なくなったのです。
以前は近所のモールでもよく彼と
彼の兄妹にも出くわすことがあったのに、
全く見かけなくなってしまいました。

そこで、前述した政府による移民の自国送還の
ニュースが頭から離れなくなりました。
アフガンに戻されてしまったのでしょうか。。

今では息子も学校でたくさん友達ができ、
ドイツ語も問題なく、自信を持って学校生活を
送っていますが、私はその礎を築いてくれた
ガディーアに一番感謝しています。

日本と言う豊かな国から来た亜斗欧、
内戦から命からがら逃れてきたガディーア、
一見、何の接点もないように見えるこの二人は
オーストリアで友情を育み、
そこには人種差別や宗教の偏見は
全くありませんでした。

もし、また彼を見かけることができたら、
思いで話に花を咲かせ、
ここに登場させられたらと思います。


今回はいつもと趣向が違う記事で、
当惑された方もいらっしゃるかもしれませんが、
これからも、私がこの国に来て感じたことを
伝えて行けたらと思います。

長い駄文を最後まで読んで下さった方に
感謝いたします。

戦争のない世の中と
ガディーアの幸運を祈って!
Banner_02

|

« コスプレです☆ | トップページ | くみさんへ »

オーストリア」カテゴリの記事

コメント

確かに日本にいると「平和ボケ」ではありませんが、内戦など命と死がとなり合わせなどという状況がないので、いまいち実感としてはないですね。

どうして戦争や内戦があるのでしょうね。犠牲になるのは何も罪もない人たちなんですよね。

ガーディーアくん一家が幸せに暮らしていて、またいつか亜斗欧くんと遊べたらいいですね。

世界平和をいつまでも願います。

投稿: くみ | 2008年5月 9日 (金) 13時23分

ソルジェニーツインの収容所列島を読んだのは、十代半ばでしたでしょうか。
確か、最初のソ連軍アフガン侵攻に憤りを感じ、未だ子供ながら一所懸命に本を読み漁り、昔からソ連が抱いていた南下政策の一つの現れではないか、と思ったのがこの時でした。
一応平和な日本に居ると、忘れてしまいがちですが、今でも紛争・戦争は続いていますね。
ヨーロッパやアジアの幾つかの国を訪れましたが、大半が観光の為、中々真実の姿には触れられません。仕事で行った時や時間の有る時等、人々の中に入っていけたときは垣間見ることができました。色々話していると、祖父母が日本軍に殺された、とか、これが、死の行軍が行われた道だ、などなど。でも、救いだったのは、今を生きている人々は、皆さんとってもフレンドリーだったことです。
2001年9月11日のあの時。私は海外の或る都市の借家でCNNのニュースを見ておりました。ツインタワービルに突っ込む飛行機をライブで見てしまい眠れなかった夜。テロの犠牲者の中に大学の先輩がいた事を知ったのは帰国後でした。

どんな理由が有ろうとも、絶対に戦争はいけません!。どんな理由が有ろうとも!。

日々の生活に追われ、つい、世界の何処かの悲しい現実を忘れてしまいますが、決して「よそ事」では無いのですね。先日もアジアの米価高騰のニュースを見、現地の友達が心配でなりません。彼はPCも電話も持ってないので(手紙も出したが…)連絡が取れません。今のクライアントの仕事が終わったら行ってみようと思ってます。

私は地球の姿を見るのが好きで、時々グーグル・アースを眺めています。自分が住んでいた家も彼の家もハッキリ見えます。でも、見えるのは過去の一時のバーチャルでしかありません。先日アリ姫のレスを見た後、G.E.でガルミッシュ・パルテンキルヘンを探してみました。あの時見たジャンプ台も見えました。でも、何処を見ても国境は見えません。見えるのは人間が書き加えた黄色い線です。
リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーが汎ヨーロッパを提唱してから100年近く経った今、ユーロ(通貨)ができたのも平和への一歩前進だと信じます。

子供はいいですね。何の拘りも無く手を差し伸べるやさしい心。ガディーア君が無事で、いつの日か再び亜斗欧君たちと再会できる事を祈ってます。

重い話になってしまい、申し訳ありません。学生時代、ローンで初めてのヨーロッパ旅行に行ったのも、若いうちに海外を見るように、という知り合いの老人の一言からでした。
これからも、井の中の私(達)に、カルチャーショックをいっぱい下さい。それが、ブローニャ女王様の話でも、つらい話でも…。

左端はアリ姫ですか?、亜斗王子よりもお姉さんみたい!。


投稿: プーパ | 2008年5月 9日 (金) 13時44分

追伸。
一番うしろの半袖紳士は、姫&王子の製作責任者の方ですか?
さりげなく、初公開?     (…ピン・ポーン?)

投稿: プーパ | 2008年5月 9日 (金) 14時05分

私も平和ボケしている一人です。
何よりもガディーアくんが無事でいてくれることを祈っております。

友達っていいですよね。人生の宝物だと思います。
亜斗欧くんもアリーチェちゃんも宝物いっぱい増やしてくださいね

投稿: りんご | 2008年5月 9日 (金) 14時23分

最初にガディーア君の幸せを祈ってます。日本にいると遠方の出来事として認識されることが多いですよね。確かに遠くで起きている事は違いありませんが、蔑(ないがしろ)にしていい問題ではありません。宗教、格差、人種、政策などたくさんの要因が重なって起きる内戦、戦乱でも決まって被害を被るのは弱い立場にる方や子供たちです。少年民兵や、飢餓で苦しむ子供達、栄養不足で免疫能力が衰え私達からすればなんでもない病気で命を落とす方達、考えてみると目を覆いたくなる事ばかりです。ですが、目をそむけず、今は少しでも見ていく事が大切だと思います。
 今回ゆきさんから大切な事を教えられた気がします。亜斗欧くんとガディーア君とまたあえる日が来るよう祈ってます。

投稿: ゆう | 2008年5月 9日 (金) 22時19分

ガディーアくんのこと、心配ですね。
オーストリアが、そんなに移民を受け入れている国とは知りませんでした。 日本は逆に受け入れなさすぎなのでしょうね。
それにしても、財政難だから今後移民は受け入れないというならわかるけど、一旦は受け入れておきながら、自国に戻すというのはひどい話ですね。 移民後にオーストリアで生まれて生活している子供にとっては、祖国はもうオーストリアですよね。 アフガンから来たガディーアくんにとっても、もう故郷はオーストリアでしょうに。 優しいガディーアくんが今、幸せでいることを願っています。

投稿: マリン | 2008年5月10日 (土) 03時35分

こんにちは。記事がひとつ進んでしまいましたが、とても感動しました。
私も亜斗欧くんの当時の心細い気持ちはよく分かりました。
日本に居ると人種問題はほとんど無いですが
昨今の中東の状況をみると宗教の問題や
価値観の相互理解をするには時間が必要だと
考えさせられます。
ガディーアくん、こんなに善い子が世界の
どこかにいてくれたことに私達は感謝しなくてはなりませんね。
いまも無事で、元気で暮らしていることを切に願います。

投稿: あぷぼん | 2008年5月10日 (土) 04時31分

ゆきさんのお話、みなさんのコメントを読んで、深く考えさせられました。
日本も連日のように嫌な事件があり、いつ何があるかわからないと思いますが、内戦や宗教・人種問題のある国よりは、今のところ暮らしやすいですよね。
日本も戦争の傷はあるし、差別や人種問題がないわけではありませんが、ヨーロッパほど複雑ではないので、日本人一般は戦争や平和について、あまり考える機会が少ないと思います。
危険な国に観光に行っちゃうのも「旅行者」だけでなく、「旅行社」も平和ボケでしょうか? 無事でよかったけど…
短絡的と思える事件が多いのも、豊かさに慣れて、簡単に欲しいものが手に入るのが当たり前(我慢することができない)なのが一因かもしれません。

こちらのブログは始まって3週間くらいで、猫ちゃんの魅力、御家族の様子、美しい景色、知性とユーモア等々、内容豊富だと感心していましたが、まだまだ中身が深く、ますますどこまでもついて行きますので、ゆきさま頑張ってくださいね。

投稿: | 2008年5月10日 (土) 10時15分

珍しくまじめなことを書いたら、名前を書き忘れました(^^;

投稿: ルイのハハ | 2008年5月10日 (土) 10時18分

初めて拝見させて頂きました。
美しい景色や楽しいブログですね。
この記事ですが、とても考えさせられました。有難うございます。

投稿: | 2008年8月30日 (土) 15時11分

お名前を忘れてしまわれた方へ
ずいぶん古い記事まで読んで頂けて、こちらこそありがとうございます。
基本的には楽しいことだけ書けたら良いと思いますけど、
生活する上では色んなことが起きるので、これからも喜怒哀楽を交えて、様々なことを発信していけたらと思います。これからも宜しくお願いします。

投稿: ゆき☆アリ | 2008年8月30日 (土) 16時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« コスプレです☆ | トップページ | くみさんへ »